小じわ対策アイテムの選び方・使い方
2018.11.01

しわを消したい!小じわ対策におすすめ化粧品ブランド5選

年齢を重ねるにつれて目立ち始めるしわ。消したいと願うものの、美容皮膚科の施術を受けるのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。しわの状態によっては、化粧品で対策が可能です。おすすめの化粧品ブランドを紹介します。

監修医師

監修 Face conductor(フェイスコンダクター)  上野リサ

しわと化粧品が気になる女性

目尻や目の下の細かいしわや、眉間のしわ、気づいたら目立つようになった深いしわ。しわは年齢を感じさせる大きな要因です。このようなしわの改善は、毎日使用する基礎化粧品で可能なのでしょうか。基礎化粧品でアプローチできるしわと、基礎化粧品の選び方、しわ対策におすすめの化粧品ブランドをご紹介します。

しわに化粧品でどこまでアプローチできる?

しわには、浅いしわと深いしわがあります。それぞれでき方が異なるため、化粧品でアプローチできるかどうかも異なります。

化粧品の成分が届くのは角層まで

よく、化粧品に配合されている美容成分が「肌の奥まで浸透する」という表現やイメージが使われることがあります。しかし、この表現は「肌の一番表面にあたる角層に浸透する」という意味合いで使われています。

人間の皮膚は表側から表皮、真皮、皮下組織と3層構造になっており、表皮はさらに角層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれています。このうち、化粧品によって外部からなじませた美容成分が届くのは角層までです。

角層はそれより奥の組織を外部の刺激から守る役割を持っています。化粧品の成分も身体から見れば外部からの刺激です。分子量が大きい成分もあり、角層より奥には化粧品の美容成分を届けることが難しいのです。

では、化粧品ではどのようなしわにアプローチできるのでしょうか。

浅い小じわは化粧品で対策できる

目元などの皮膚が薄い部位にできる浅い小じわ。ちりめんじわと呼ばれることもありますが、このようなしわには化粧品でのアプローチが有効です。

角層は、肌が乾燥するとそれ以上乾燥するのを防ぐため、硬く分厚くなります。肌の柔軟性も失われるため、肌の乾燥がひび割れのような細かいしわにつながります。このような肌の乾燥は、角層にうるおいを与えることで改善を期待できるため、基礎化粧品でアプローチできるのです。

なお、乾燥が原因と考えられるしわの目安として、お風呂上がりなど肌がうるおっているときには目立たないということがあげられます。

深いしわには化粧品でアプローチできない

肌に深く刻まれている深いしわは、真皮のダメージやそのさらに奥にある筋肉の緊張が原因となっています。真皮には線維状のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が存在し、肌の弾力を支えています。しかし、コラーゲン線維などが紫外線や加齢の影響でダメージを受けたり、産生量が減少したりすると、肌の弾力が失われて深いしわにつながります。

また、筋肉の緊張によるしわは表情じわとも言われます。表情じわは同じ表情をくりかえすことで一部の筋肉が硬直してできるしわです。眉間やおでこ、目元などに現れることが多いものです。

このようなしわになると、化粧品での大幅な改善は難しい状況と言えるでしょう。

小じわ対策化粧品の選び方

乾燥が原因の小じわに化粧品で対策する場合、化粧品の選び方が大切です。基礎化粧品の選び方の2つのポイントをご紹介します。

保湿成分で選ぶ

保湿を中心に基礎化粧品を考えるのだから、保湿成分で選ぶのは当たり前、と思う方がほとんどかもしれません。しかし、ある特定の保湿成分だけ化粧品でとり入れればよいとは限りません。

肌のうるおいを保つ仕組みには、主に以下の2つがあります。

角質細胞のうるおいを保つしくみ
角質細胞の中にはNMF(天然保湿因子)が存在し、水分を保つ役割を担っています。加齢や生活習慣、スキンケアの間違いなどさまざまな要因で減少しやすいため、同じような働きを持つ成分を化粧品で補いましょう。
化粧品成分で同じような役割が期待できるのは、グリセリンやアミノ酸です。
角質細胞の隙間を埋める保湿成分のしくみ
角質細胞同士の隙間は、細胞間脂質という脂質が埋めています。この細胞間脂質は、ラメラ構造という油分と水分が交互に重なった層を作っているため、水分が蒸発しにくくなっています。細胞間脂質もNMFと同じくさまざまな要因で減少しやすいため、肌の乾燥を感じるときは化粧品で補いたい成分です。
細胞間脂質と同じような働きを期待できる化粧品成分として、セラミドやスフィンゴ脂質、レシチンがあげられます。

このほかに、化粧品によく含まれる保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンがあげられます。これらは角層には存在しない成分ですが、高い保湿力で角層のうるおいをサポートしてくれます。

肌の乾燥が気になるとき、NMFと細胞間脂質のどちらが不足しているのかは私たちには判断できません。そのため、どちらか一方ではなく両方の保湿成分を与えて肌の様子を見ることが大切です。また、ヒアルロン酸やコラーゲンも高い保湿効果を期待することができるため、とり入れたい保湿成分です。

乾燥じわにアプローチするときは、保湿ケア全体で考え、バランスよく3タイプの保湿成分をとり入れることをおすすめします。

続けやすさもポイント

基礎化粧品は毎日使い続けるものです。そのため、価格も気になるという方がほとんどではないでしょうか。

最近では、プチプラでも効果的な基礎化粧品ブランドが見られるようになってきました。化粧品もコスパで選べる時代になっていると言えるでしょう。

もちろん、基礎化粧品を選ぶうえでもっとも大切なのは、しっかりと美容成分を配合していて、自分の肌に対して効果を実感できることです。しかし、基礎化粧品は安かろう悪かろうではありません。また、高いからといって必ずしも自分の肌に合っているとも限りません。

価格と自分の肌への効果のバランスを見て、本当にコスパのよい一品を見つけて使い続けることが大切です。

最終的に自分の肌に合っているかどうかは、使ってみなければわかりません。肌の状態は人それぞれで、ほかの人に合う化粧品が自分にも合うとは限らないのです。

化粧品選びの中で、乾燥小じわ対策におすすめの化粧品ブランドをご紹介します。気になるブランドや製品があれば、お試ししてみることをおすすめします。

乾燥小じわ対策におすすめ化粧品ブランド5選

オルビスユー|モイスチャー(オルビス)

 オルビスユー モイスチャー オルビス

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:50g

詳しくはこちら

おすすめの理由
水分をベースとした「うるおいに満たされた肌の持つ力」を研究し続けているオルビス。最新バージョンは、ベタつきがないのにうるおいレベルを格段に進化させた保湿液です。肌表面の角層全体に水分がめぐり、肌が本来持つ「美しくなろうとする力」を引き出します。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
ふんわりみずみずしいテクスチャのスフレジェリーが、ぷるんとうるおいもっちりとしたハリを与えます。乾燥でキメがやせて艶のないお肌も、一晩でしっかりわかるくらいの輝きが戻ったように感じました。与えるだけではない、肌の力が引き出される感じですね!

アヤナス|エッセンス コンセントレート(DECENCIA)

 アヤナス エッセンス コンセントレート DECENCIA

販売価格(編集部調べ):8,100円(税込)
内容量:36g

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感肌ならではの肌トラブルに着目した、とろっと濃密なエッセンス。デリケートで傾きやすいお肌を鎮めながらケアができます。敏感肌に起こりがちな、乾燥によるくすみにも、うるおいを与えるエイジングケアで、ピンとハリのあるなめらかな肌へ導きます。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
粘度の高い植物由来の「オーガニックリフトオイル」配合。保湿膜を作ることで与えたうるおいを逃さず、ハリ感アップが期待できます。スキンケア直後はうるおっていても、すぐに乾燥を感じてしまうというお肌にもおすすめです。

リンクルショット メディカル セラム(POLA)

  リンクルショット メディカル セラム POLA

販売価格(編集部調べ):14,580円(税込)
内容量:20g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
ポーラ独自のシワ改善成分ニールワン配合の医薬部外品美容液。紫外線などの日常的なダメージがシワを深刻化してしまうという肌のメカニズムに着目し、その作用をブロックすることで肌本来の力によるシワ改善が叶うという優れもの。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
これまでなかったアプローチで、シワ改善ケアができる新発想美容液です。失いたくない、お肌のハリや弾力をキープしてくれるので、シワやたるみに抗いたい世代の強い味方に。美容業界でも、多くのファンがいるという話題の美容液です。

ドレスリフト|ナイトクリーム(アテニア)

 ドレスリフト ナイトクリーム アテニア

販売価格(編集部調べ):4,320円(税込)
内容量:35g

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌を保護し、うるおいを保つリッチな成分を配合。さらに、弱酸性・合成香料不使用・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーといった、こだわりとコストパフォーマンスの高さで人気のアテニアのナイトクリームです。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
朝の保湿だけでは満足できないほどの乾燥小ジワなら、寝てる間のケアも期待できるナイトクリームがおすすめです。眠っている間のお肌が作られる時間帯に、しっかりと必要な栄養やうるおいをチャージすることで、肌が本来持っているチカラを引き出すサポートをしてくれます。

アイオペ|A-コレクターエッセンス(アモーレパシフィックジャパン)

 アイオペ A-コレクターエッセンス アモーレパシフィックジャパン

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:40ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
乾燥による小ジワを目立たなくする抗シワ成分として、日本の効能評価試験をクリアした独自成分を配合。韓国でエイジングケアといえばアイオペ!と言っても過言ではないほど、人気・実力ともに絶大な支持を得ているメーカーの自信作です。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
時間差で肌になじんでいく5つの天然保湿成分で形成されるうるおいヴェールが、まるで何層にも化粧品を塗り重ねたかのような深いうるおい感を実現します。シワの気になるところにのせたら、する〜っと顔全体に広げたくなる使い心地です。

まとめ

しわの中には、基礎化粧品を使ったスキンケアでアプローチできるものもあれば、スキンケアでは対策が難しいものもあります。しかし、肌の乾燥による小じわは放置すると深いしわにもつながるため、普段から保湿ケアを心がけることが美肌への第一歩と言えるでしょう。

今回は、乾燥小じわの対策におすすめの化粧品ブランドと、化粧品の選び方のポイントとなる保湿成分の選び方をご紹介しました。年齢を重ねるほど肌は乾燥しやすくなります。今回紹介した内容も参考に、肌にうるおいを与えるスキンケアを毎日の生活にとり入れてみてください。

今すぐ読みたい

「小じわ対策アイテムの選び方・使い方」の関連情報

カテゴリー

おすすめ記事ランキング