くすみの原因と対策
2018.05.01

肌のくすみの原因と改善のためのスキンケア対策|透明感のある肌に導く方法

肌がどんよりとして、疲れた印象や老けた印象を与えてしまうくすみ。一口にくすみといっても、その原因はさまざまです。この記事では代表的なくすみの原因と、原因別の対策をご紹介。自分のくすみのタイプを見きわめて適切なケアを行い、透明感のあるいきいきした肌を目指しましょう。

鏡を見る30代の女性

体調は良好なのに「疲れてる?」「顔色悪いよ」などと言われたことはありませんか?肌がくすんでいると、ファンデーションが浮いてしまったり、透明感やいきいきとした印象が損なわれたりしてしまいますよね。くすみを改善するスキンケア、メイクや食べ物によるくすみケアについてもご紹介します。

くすみの原因と種類

肌がくすむ代表的な原因には、角質・乾燥・メラニン・血行不良があげられます。まずは原因と特徴を知って、自分のくすみはどのタイプなのかを確認しましょう。

角質によるくすみ

古い角質が肌表面に積み重なっていることが原因。角質そのものが黒みを帯びているため、積み重なるとグレーがかった顔色に見えます。睡眠不足などで肌のターンオーバーが低下したときに起こりやすくなります。

乾燥によるくすみ

水分が減少して乾燥した肌の表面は、キメが乱れて凸凹した状態になります。この凸凹によって肌に陰ができ、くすんでみえるようになるのです。また肌が乾燥すると、角層のバリア機能が低下。ちりやほこり、紫外線などの外部刺激から肌を守ろうと角層を厚くするため、「角質によるくすみ」へとつながっていきます。

メラニンによるくすみ

紫外線を浴びることによりメラニン色素が生成され、軽い日焼けを起こしている状態。茶色っぽくくすんで見えるのが特徴です。短時間の外出(洗濯物を干す・ゴミを出すなど)や曇りの日の外出、室内にいるときでも油断は禁物。「うっかり日焼け」の積み重ねでメラニンが蓄積していきます。1年365日、必ず紫外線対策を行いましょう。

血行不良によるくすみ

肌の血流が減少したり滞ったりすると、血色が失われて青黒くすんでみえるようになります。十分に睡眠をとること、体を冷やさないことが大切です。シャワーだけですませず入浴したり、適度に運動したりして、血行を促しましょう。

肌のくすみを改善するスキンケア対策

どんなくすみも、スキンケアで改善していくことが可能です。保湿を基本に、タイプ別のスキンケアを取り入れていきましょう。

角質によるくすみを解消するおすすめの洗顔料

肌に蓄積した古い角質を取り除くには、フルーツ酸(AHA)配合のピーリング洗顔料や、酵素洗顔料がおすすめです。どちらも古い角質を分解してはがれやすくする作用があり、無理なく取り除くことができます。やりすぎると乾燥することがあるため、商品の説明書をよく読んで使用頻度を守りましょう。洗顔後はすみやかに保湿することも大切です。

乾燥によるくすみ肌に透明感を与える保湿ケア

水分を十分に含んだうるおいのある肌は、キメが整って明るく透明感があります。化粧水で肌を整えた後は、必ず乳液や美容液をプラスしてうるおいを閉じ込めましょう。化粧水の構成成分は「水」が主体であるため、化粧水だけでケアを終わらせると、時間とともに蒸発してしまうためです。

保湿力にすぐれた成分といえばセラミドやヒアルロン酸などがあげられますが、商品によって配合量はさまざまです。配合成分にとらわれすぎず、気になったものはトライアルセットやサンプルを使ってみたり、コスメカウンターで試してみたりすることをおすすめします。下記のポイントをチェックしてみましょう。

  • 使用していて心地がよい
  • 使用直後の肌がもっちりとしていて、手のひらに吸い付くような感じがある
  • 夕方になっても乾燥していない
  • 夜メイクを落とす前の肌を見たとき、メイクがひどく崩れたりしていない

自分の肌をしっかり見る・触れることは、美しい肌をはぐくむための重要なプロセスです。

美白化粧品でメラニンによるくすみをケア

美白化粧品には、メラニンの過剰生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果があります。メラニンによるくすみはやがてシミへと進行する可能性があるため、シミができる前から使用することをおすすめします。美白化粧水・美白美容液・美白乳液などがありますが、始めての1本を選ぶなら美容液がおすすめ。美白有効成分が凝縮されています。

なお肌が乾燥してバリア機能が低下していると、紫外線の影響を受けやすくなります。保湿もしっかり行って乾燥を防ぎましょう。

血行を促してくすみ肌をいきいきとみせるスキンケア

顔の血行を促す方法にはマッサージがあります。ただし手の動かし方を間違えたり、強い力で行ったりすると、肌を傷めてしまい逆効果に。おすすめは、保湿ケアを行うときにハンドプレスを行うことです。簡単なのでぜひ試してみてください。

  1. 化粧水を顔全体になじませる
  2. 両手のひらで顔全体を覆う
  3. 両ひじを太ももにつけ、手のひらで顔の重みを受け止める
  4. 5秒ほどプレスしてゆっくりと上体を元に戻す
  5. 美容液や乳液を塗布するときも同様に行う

手のひらの体温で血行を促すとともに、化粧品を肌のすみずみに浸透させる効果が期待できます。

肌のくすみをメイクでカバーする方法

てっとり早くくすみを改善するなら、メイクの力を借りるのも手です。ただしファンデーションを厚塗りすると崩れやすく、毛穴や小じわに入り込んで目立ってしまうことも。肌をトーンアップさせる化粧下地を上手に利用しましょう。

くすみをカバーする化粧下地の選び方

化粧下地にはメイクののり・もちをよくするだけでなく、肌色を補整する機能を備えたものがあります。色のバリエーションがあるので、くすみのタイプに合わせて選ぶことがポイントです。

淡いピンク
肌に自然な血色を与える。青白い肌の方におすすめ
イエロー
角質や乾燥によるグレーがかったくすみに効果的
オレンジ
メラニンによる茶色っぽいくすみが気になる方におすすめ

化粧下地はくすみ対策の頼もしい味方ですが、肌が乾燥している状態では本来の効果が発揮されません。メイク前はしっかり保湿することも大切です。

くすみを身体の中から解消する食べ物

食べ物に含まれる栄養素には、肌によいはたらきをするものがあります。美容と健康のためには、さまざまな栄養素を偏りなくとることが基本。そのうえで、それぞれのくすみ別に効果的な栄養素を意識して摂取するとよいでしょう。

肌のターンオーバーを促すタンパク質
古い角質によるくすみには、ターンオーバーを助けるタンパク質をしっかり摂取しましょう。肉や魚・卵・大豆製品、乳製品などに多く含まれます。コラーゲンが豊富な鶏手羽、牛すじ、ふかひれなどもおすすめ。
乾燥によるくすみにはビタミンA
ビタミンAは肌のうるおいを保つはたらきが期待できます。にんじん、かぼちゃ、ほうれんそう、小松菜、トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれます。
メラニンの蓄積によるくすみはビタミンCを
ビタミンCにはメラニン色素を還元するはたらきがあります。レモン、オレンジ、イチゴ、キウイ、柿などの果物はもちろん、ジャガイモやカリフラワー、赤パプリカ、パセリなどの野菜にも多く含まれています。
血行不良によるくすみは鉄分やビタミンEを
アーモンドやアボカド、カボチャなどに多く含まれているビタミンEには、血行を促す作用があります。肉類や魚介類、乳製品に多く含まれる鉄分は、酸素の運搬を担っているヘモグロビンの材料に。レバーとほうれん草には、ビタミンEと鉄分の両方が含まれているので特におすすめです。

まとめ

肌のくすみにはいくつかの原因がありますが、大半のくすみに影響しているのが肌の乾燥です。乾燥はくすみだけでなく、小じわやハリの低下などさまざまな肌トラブルの入り口になります。スキンケアでは保湿と紫外線対策をしっかりと行いましょう。

さらに十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけて、内側から発光するような透明感のある肌を目指したいですね。

今すぐ読みたい

「くすみの原因と対策」の関連情報

おすすめ情報

カテゴリー

おすすめ記事ランキング